So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

茨城の低山を歩く その11 言い伝えのある石群を楽しむ竪破山

2,018年7月31日(火曜日)
 水戸から登山口駐車場まで、1時間40分の道程です

 竪破山は、言い伝えのある石群が随所にあり、成り立ちなど楽しみながら歩きます

 特に「太刀割石」は、多くの方に知られていると思います

 登山道からの展望はありません。森林浴を楽しむコースといえるでしょう

 前日の大雨もあり登山道は、適度に湿り26.7℃から27℃気温で涼しい気候でした

 コース中に、迫力は小さいですが、2段の小滝があります。せっかくですから立ち寄りましょう

 この時期、水気には「あぶ」が飛び交っています。虫除けを携帯しましょう

2018.7.31竪破山.pdf


85竪破山地形図.jpgP7310001.JPGP7310005.JPGP7310006.JPGP7310007.JPGP7310009.JPGP7310011.JPGP7310012.JPGP7310014.JPGP7310015.JPGP7310016.JPGP7310017.JPGP7310020.JPGP7310023.JPGP7310022.JPGP7310024.JPGP7310028.JPGP7310032.JPGP7310033.JPGP7310034.JPGP7310036.JPGP7310038.JPGP7310039.JPGP7310040.JPGP7310043.JPGP7310046.JPGP7310048.JPGP7310049.JPGP7310050.JPGP7310051.JPGP7310058.JPGP7310057.JPGP7310060.JPGP7310061.JPGP7310062.JPGP7310065.JPGP7310066.JPGP7310068.JPGP7310071.JPG


nice!(0)  コメント(0) 

福島・矢祭町 滝川渓谷で涼んできました

平成30年7月22日(日)
水戸から登山口第1駐車場まで、1時間30分の道程です

連日、全国35℃の暑さの中、この地滝川渓谷は、25.5℃~28℃と別世界。心地よい沢の風を感じながら、滝めぐりを楽しみました

 前夜の雷雨と思われる登山道の霧と湿り具合で、気温が低下していると思われます
 この時期、深い緑と水量の多い滝の流れと、沢を伝ってくるさわやかな風を楽しむことが出来ます
 手打ち蕎麦は、到着が早かったことから、打ち始めの風味香る美味しい蕎麦をいただきました
 登り2時間12分、往復4時間10分の、それはそれは涼しいひとときを、過ごすことが出来た山旅でした

2018.7.22福島滝川渓谷.pdf


89滝川渓谷遊歩道.jpgP7220013.JPGP7220014.JPGP7220015.JPGP7220018.JPGP7220020.JPGP7220022.JPGP7220023.JPGP7220024.JPGP7220026.JPGP7220030.JPGP7220034.JPGP7220036.JPGP7220038.JPGP7220040.JPGP7220041.JPGP7220042.JPGP7220046.JPGP7220047.JPGP7220048.JPGコケ(渓谷).JPGP7220054.JPGP7220059.JPGP7220060.JPGP7220062.JPGP7220063.JPGP7220065.JPGP7220066.JPGP7220068.JPGP7220069.JPGP7220072.JPGP7220079.JPGP7220073.JPGP7220076.JPGP7220077.JPGP7220078.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

シラネアオイの咲く日光白根山へ

 平成30年6月7日(日)
 水戸より菅沼登山口まで、2時間40分の道程です
 道中日光宇都宮道では霧雨状態でしたが、菅沼では、はや快晴登山日和となりました

 深緑まぶしいシラビソ、ダケカンバ森林帯と静かなたたずまいの弥陀ケ池、五色沼、荒々しい岩壁の登り、頂上尾根からの大展望、シラネアオイなどの高山植物の花咲き饗宴とたっぷり楽しませてくれた、満足の7時間の山旅でした

 下山後の温泉は、湯元温泉「おおるり山荘」硫黄漂う硫化水素温泉、広い湯舟と露天風呂でタオル付き500円でした

2018.6.17 日光白根山.pdf

白根山地形図.jpgP6170010.JPGP6170012.JPGP6170013.JPGP6170015.JPGP6170016.JPGP6170017.JPGP6170018.JPGP6170019.JPGイチリンソウ.JPGP6170022.JPGP6170024.JPGP6170025.JPGP6170026.JPGP6170031.JPGP6170033.JPGP6170037.JPGP6170039.JPGP6170040.JPGP6170042.JPGP6170043.JPGP6170044.JPGP6170045.JPGP6170047.JPGP6170048.JPGP6170049.JPGP6170051.JPGP6170052.JPGP6170053.JPGP6170054.JPGP6170057.JPGP6170058.JPGP6170062.JPGP6170064.JPGP6170066.JPGP6170067.JPG

 
nice!(0)  コメント(0) 

花を楽しむ山旅へ

平成30年5月20日(日曜日)
水戸から沼原登山口駐車場まで2時間44分の道程です

沼原から、白笹山、南月山(みなみがっさん)、日の出平、姥が平を左回りで周回コースです

 この時期、アカヤシオ、シロヤシオ、アズマシャクナゲ、ミネザクラなど、これでもかというほどお花見を堪能した、期待を裏切らないコースでした

 小雨とともに突然に指全体の大きさのヒョウが頭上に降ってきました。はい、前夜に張り付いた霧氷が、登山中のちょっとの小雨で溶けて、霧氷の氷が落ちてきたのでした。

 白笹山より先は、天気回復、青空の、しかし冷たい東風がやや吹く中、平らな尾根で展望を十分に楽しんだ6時間の山旅でした

 下山後は、板室温泉グリーングリーンの湯舟で、疲れを癒やしました。なんと料金200円から500円?の範囲は現地確認

87白笹山・南月山・日の出平・ひょうたん池.jpgP5200001.JPGP5200003.JPGP5200004.JPGマルバスミレ.JPGアカヤシオ (2).JPGシロヤシオ.JPGシロヤシオ.JPGアズマシャクナゲ (2).JPGアズマシャクナゲ (3).JPGアズマシャクナゲ (4).JPGアズマシャクナゲ.JPGバイカオーレン.JPGヒメイチゲ.JPG霧氷に注目.JPG霧氷の落下.JPGP5200045.JPGP5200047.JPGP5200050.JPGP5200051.JPGP5200054.JPGP5200056.JPGP5200060.JPGP5200061.JPGP5200063.JPGP5200065.JPGP5200066.JPGP5200067.JPGP5200069.JPGP5200070.JPGP5200071.JPGP5200073.JPGP5200074.JPGP5200076.JPGP5200078.JPGP5200081.JPGP5200083.JPGP5200085.JPGP5200087.JPGP5200090.JPGP5200092.JPGP5200097.JPGフデリンドウ.JPGP5200105.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

人とのつながりの中で自然を楽しむ

平成30年5月19日(土)

山歩きを始めたい方
ハイキングを楽しみたい方

山歩きは、誰でも気軽に一人でもできる、楽しみ方です
仲間がいて、つながりを持って、安全に安心して出来れば、もっと楽しいです

山の会は、山岳保険に入り、山行計画書を提出する
山行管理者に、山行実施の連絡をする・下山の連絡をする
煩わしいですが、安全安心の担保です

道迷いしない地形図の読み方・コンパスの使い方、危険な箇所を安全に安心して通過するロープ操作の扱い方などを学び、サポートを受け、快適な山旅を目ざします

P9060004.JPGP9060005.JPGP9060008.JPG行動フィックスロープでトラバースする.JPGPA251208.JPG
例会で、見て、聞いて、一歩前に進みませんか
会場は、左側プロフィールをご覧下さい
nice!(0)  コメント(0) 

5月初旬の那須岳・姥ケ平を楽しみました

平成30年5月5日(土曜日)
水戸から登山口の峠の茶屋駐車場まで、2時間28分の道程です

今日は、ゴールデンウイーク後半、混雑を見越して早めの到着としました

上空に寒気圧。冷たい強い風が、一日中吹いていました。気温は下で6℃、尾根で2.2℃の寒さです

山の中の芽吹きは、これからです。残雪期の風景を楽しんだ6時間7分の山旅でした

那須山麓は、赤ヤシオのピンク、ヤマツツジの赤、シロヤシオと併せて、新緑まぶしい風景を楽しめました

茶臼岳.jpgP5050002.JPGP5050004.JPGP5050005.JPGP2120014.JPGP5050007.JPGP5050010.JPGP5050012.JPGP5050013.JPGP5050015.JPGP5050016.JPGP5050017.JPGP5050018.JPGP5050020.JPGP5050021.JPGP5050022.JPGP5050025.JPGP5050029.JPGP5050030.JPGP5050033.JPGP5050032.JPGP5050035.JPGP5050038.JPGP5050039.JPGP5050042.JPGP5050044.JPGP5050046.JPGP5050048.JPGP5050057.JPGP5050058.JPGP5050062.JPGP5050063.JPGP5050066.JPGP5050068.JPGP5050069.JPGP5050070.JPGP5050073.JPGP5050075.JPGP5050077.JPGP5050080.JPGP5050083.JPGP5050084.JPGP5050085.JPGP5050087.JPGP5050088.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

山桜が楽しみ、尺丈山ハイキング

 平成30年4月5日(木)
 水戸発9:00 旧美和村仲河戸上の百樹の森登山口まで1時間の道程です

 今日は、少し肌寒い陽気ですが、晴れています

 里山からスタート、標高191.4mを約1時間で、誰でも登れるハイキングコースです。

 コース途中では、頭上に山桜が散在し、咲き満ちています。足下には気の早いヤマツツジが、少しばかり、だいだい色の花を咲かせています

 尾根は、期待どおりの360度の展望が見られ、白い山桜が覆い被さるよう咲き誇っています
 暖かさも増し、さわやかな風が心地よくあたっています

 おまけで、花立山自然公園に立ち寄り、これもまた、ソメイヨシノの満開桜、いく重にも咲き誇るピンクの山桜を堪能しました。

 旅の疲れは、いつもの 「ささの湯」で癒やしてきました

P4050001.JPG

P4050002.JPGP4050004.JPGP4050005.JPGP4050006.JPGP4050007.JPGP4050008.JPGP4050011.JPGP4050012.JPGP4050013.JPGP4050015.JPGP4050016.JPGP4050017.JPGP4050018.JPGP4050019.JPGP4050020.JPGP4050021.JPGP4050022.JPGP4050003.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

茨城の低山を歩く その10 高鈴山・神峰山・羽黒山

 平成30年4月4日(水曜日)

 水戸から登山口、日立市向陽台駐車場まで、1時間10分の道程です

 本日は、晴れの夏日の日差し、うぐいすの鳴き声と淡い新緑と、日立特有の「オオシマザクラ」の開花と盛りだくさんで楽しんだ、5時間13分の山旅でした

P4040007.JPGP4040008.JPGP4040009.JPGP4040011.JPGP4040012.JPGP4040013.JPGP4040014.JPGP4040015.JPGP4040016.JPGP4040017.JPGP4040018.JPGP4040019.JPGP4040020.JPGP4040021.JPGP4040022.JPGP4040023.JPGP4040024.JPGP4040026.JPGP4040027.JPGP4040028.JPGP4040029.JPGP4040034.JPGP4040035.JPGP4040036.JPGP4040037.JPGP4040038.JPGP4040039.JPGP4040044.JPGP4040046.JPGP4040047.JPGP4040048.JPGP4040051.JPGP4040054.JPGP4040055.JPGP4040056.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

さくら満開、恒例の花見例会を開催

 平成30年4月1日(日曜日)
 道の駅かつら公園(御前山橋の手前)で、満開となった桜の下で、恒例となったお花見例会を開催しました

 公園は、他県の来園者が多数を占め、キャンピングカー、テント幕営、暖炉をセットして、それぞれのスタイルで、キャンプを楽しんでいます

 負けていません、小型薪ストーブを持ち込み、暖を取り、調理も行う完璧なキャンプスタイルで楽しみました

 前夜は、満月、少し寒かったですが、暖を取りつつ たくさんのごちそうを準備、旨い酒も入り、夜遅くまで山行談議に花を咲かせました


P4010001.JPGP4010002.JPGP4010007.JPGP4010011.JPGP4010012.JPGP4010016.JPGP4010027.JPGP4010028.JPGP4010029.JPGP4010032.JPGP4010024.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

3月の安達太良山を楽しむ

 平成30年3月30日(金曜日)

 水戸から、登山口あだたら高原スキー場まで、2時間30分の道程です

 天気快晴、気温は出発時で5℃、中腹で6℃、尾根の冷たい西風に当たり0℃、下山中馬車道で12℃と推移した。

 雪は、適度に締まり4本爪軽アイゼン装着で、沈み込み、踏み抜き、滑りのない快適な歩きが出来た。

 大雪原の歩きを楽しんだ、6時間の山旅でした

P3300008.JPG

P3300010.JPGP3300011.JPGP3300012.JPGP3300014.JPGP3300017.JPGP3300019.JPGP3300021.JPGP3300024.JPGP3300026.JPGP3300028.JPGP3300031.JPGP3300033.JPGP3300035.JPGP3300040.JPGP3300044.JPGP3300046.JPGP3300051.JPGP3300055.JPGP3300058.JPGP3300063.JPGP3300068.JPGP3300072.JPGP3300077.JPGP3300082.JPGP3300086.JPGP3300089.JPGP3300091.JPGP3300092.JPGP3300094.JPGP3300097.JPGP3300099.JPGP3300100.JPGP3300101.JPGP3300103.JPGP3300104.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -