So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

NO.2 ナ~ン編 高山植物・山野草特集

 山行中に出会った高山植物、山野草、木々、動物の画像を特集しています

 随時追加してます

 アイウエオ順で、NO.2は、ナから始まる名称です

ナナカマド.JPGナナカマド (2).JPGナナカマド.JPGナナカマド.JPGナナカマド.JPGナナカマド安達太良.JPGナンザンスミレ.JPGP4050003.JPGニシキゴロモ.JPGニシキゴロモ.JPGP4240031.JPGニッコウキスゲ (2).JPGニッコウキスゲ (3).JPG
ニッコウキスゲ (4).JPGニッコウキスゲ (5).JPGニッコウキスゲ.JPGニッコウキスゲ1.JPGニッコウキスゲ2.JPGノカンゾウ.JPGP4240047.JPGP4240047.JPGバイカウツギ.JPGバイカオーレン.JPGハイマツ.JPGハイマツ秋田駒.JPGハクサンイチゲ.JPGハクサンイチゲ (2).JPGハクサンイチゲ (4).JPGハクサンイチゲ.JPGハクサンイチゲ.JPGハクサンイチゲ2.JPGP6181919.JPGP6181919.JPGハクサンコザクラ (2).JPGハクサンコザクラ.JPGハクサンシャクナゲ.JPGハクサンシャクナゲ.JPGハクサンチドリ (2).JPGハクサンチドリ.JPGハクサンフウロ.JPGハクサンフウロ (2).JPGハクサンフウロ.JPGハクサンボウフウ.JPGハクサンボウフウ.JPGハナシノブ.JPGハリブキ.jpgハハコヨモギ (2).JPGハハコヨモギ.JPGヒガンバナ.JPGヒツジグサ.JPGヒトリシズカ.JPGヒメイチゲ.JPGヒメイチゲ.JPGヒメサユリ.jpgヒメサユリ (2).jpgフキノトウ.JPGフジバカマ.JPG
フデリンドウ.JPGフデリンドウ.JPGフクシマシャゾン.JPGブナ 和尚山.JPGブナ船形山.jpgブナ男体山.JPGブナ船形山冬.JPGブナ男体山.JPGブナ白神山.JPGブナ八森山.JPGベニバナイチャクソウ.JPGベニバナイチャクソウ.JPGヘクソカズラ.jpgホコリタケ.JPGマツムシソウ (2).JPGマツムシソウ.jpgマルバダケブキ.JPGマルバダケブキ.JPGマルバマンサク.JPGママコナ.JPGミズナラ.JPGミズナラ,ブナ 甲子山.JPGミズナラ.JPGミズナラ甲子山.JPGミズヒキ.JPGミズバショウ (2).JPGミゾソバ.jpgミズバショウ (3).JPGミズバショウ.JPGP4200040.JPGP4200045.JPGミツガシワ.JPGミツバオウレン2.JPGミツバオーレン.JPGミツバツツジ五頭山.JPGミドリハクサンイチゲ.jpgミネカエデ.JPGミネウスユキソウ.JPGミネカエデ 月山中腹.JPGミネザクラ.JPGミネザクラ.JPGミネザクラ.JPGミネザクラ2.JPGミネザクラ.JPGミネズオウ.JPGミヤマアキノキリンソウ鳥海山.JPGミヤマオダマキ (2).JPGミヤマオダマキ (3).JPGミヤマオダマキ.JPGミヤマキンバイ.JPGミヤマキンポウゲ.jpgミヤマクワガタ.jpgミヤマコウゾリナ.jpgミヤマシシウド.JPGP6181928.JPGミヤマキンバイ.JPGミヤマシシウド朝日岳.jpgミネザクラ.JPGミヤマシキミ.JPGミヤマシキミ.JPGミヤマシキミの実.JPGミヤマシキミ.JPGミヤヤシャジン四阿山.JPGミヤマセンキョウ.JPGミヤマダイコンソウ.JPGミヤマダイコンソウ (2).JPGミヤマダイコンソウ.JPGミヤマホツツジ1.JPGミヤマホツツジ2.JPGミヤマママコナ平ヶ岳.JPGミヤマママコナ.JPGミヤマリンドウ.JPG
ミヤマハナシノブ (2).jpgミヤマハナシノブ.jpgミヤママンネングサ.jpgミヤマムラサキ.jpgムカゴトラノオ.JPGガマズミ・ムシカリ.JPGムラサキシメジ.JPGモウセンゴケ.JPGモウセンゴケ.JPGモミジカラマツ.jpgモミジハグマ1.JPGモミジハグマ2.JPGモミジハグマ3.JPGモミジハグマ4.JPGヤドリギ.JPGヤナギラン.JPGヤマツツジ.JPGヤブレガサ.JPGヤマガラシ.JPGヤマガラシ (2).JPGヤマボウシ.JPGヤブイチゲ.JPGヤマハハコ (2).JPGヤマハハコ.JPGヤマアジサイ.JPGヤマジノホトトギス.JPGヤマツツジ.JPGヤマツツジ2.JPGヨツバシオガマ.JPGヨツバシオガマ (2).JPGヨツバシオガマ (3).JPGヨツバヒヨドリ.JPGリョウブ.JPGワタスゲ.JPGワタスゲ (2).JPGワタスゲ3.JPGワタスゲ・ニッコウキスゲ.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

NO.1 ア~タ編 高山植物・山野草特集

 山行中に出会った高山植物、山野草、木々、動物の画像を特集してます

 随時、追加しています

 アイウエオ順で,NO.1はア~タの名称です

 NO.2はナ~ンの名称です。併せてお楽しみ下さい

アオノツガザクラ.JPGアカシデ.JPGアカヤシオ.JPGアカヤシオ (2).JPGアカヤシオ新緑.JPGPA260075.JPGアカモノ:イワハゼ.JPGアカヤシオ.jpgアキノキリンソウ.JPGアキノキリンソウ.JPGアキノタムラソウ (2).JPGアキノタムラソウ.JPGアザミ.JPGアズマシャクナゲ.JPGアズマシャクナゲ (2).JPGアズマシャクナゲ.JPGアズマシャクナゲ (2).JPGアズマシャクナゲ (3).JPGアズマシャクナゲ (4).JPGアヤメ.JPGイタドリ (2).JPGイタドリ.JPGイチリンソウ.JPGイロハモミジ.JPGイワイチョウ.JPGイワウチワ群生.JPGイワウチワ白.JPGP4300116.JPGイワウチワ.JPGイワウチワ.JPGイワウチワ2.JPGP4300014.JPGイワウメ (2).JPGイワウメ.JPGイワオウギ.JPGイワオトギリ.JPGイワギキョウ.JPGイワギキョウ (2).jpgイワギキョウ.jpgイワショウブ(2).JPGイワショウブ.JPGイワタバコイワツメクサ.JPGイワナ.JPGイワナシ.JPGイワベンケイ (2).JPGイワベンケイ.JPGウサギギク.JPGウサギギク2.JPGウサギギク.JPGウサギギク.jpgウスタケ.JPGウメバチソウ (2).JPGウメバチソウ.jpgウメバチソウ.JPGウリハダカエデ.JPGエゾオヤマリンドウ.JPGエゾシオガマ.jpgエゾニュウ.JPGエチゴキジムシロ.JPGエンレイソウ.JPGエンレイソウ黒花.JPGエンレイソウ (2).JPGエンレイソウ.JPGオオシマザクラ.JPGオオバキスミレ.JPGオオウバユリ.JPGオクモミジハグマ.JPGオサバグサ.JPGオゼヌマアザミ.JPGオゼミズギク.JPGオタカラコウ.JPGオトギリソウ.JPGオトコヨウゾメ.JPGオヤマノエンドウ.JPGオヤマリンドウ.JPGオヤマリンドウ2.JPGオヤマリンドウ3.jpgオヤマリンドウ4.JPGオンタデ.JPGカエデいろいろ.jpgカタクリ.JPGカタクリ.JPGカタクリ (2).JPGカタクリ (3).JPGカタクリ (4).JPGカタクリ.JPGカタクリ5.JPGカツラ.JPGカニコウモリ.JPG
カニコウモリ (2).JPGカニコウモリ.JPGガマズミ・オオカメノキ・ムシカリ.JPGガマズミ・ムシカリ.JPGカヤ.JPGカヤ石尊山.JPGカラマツ夏編.JPGカラマツソウ.JPGカラマツソウ.JPG間欠泉.JPGカラマツソウ.jpg間欠泉.JPGコバイケイソウ.JPGキアゲハ.JPGキイチゴ.JPGキクザキイチゲ.JPGキクザキイチゲ3.JPGキクザキイチゲ2.JPGキクザキイチゲ1.JPGキクバオウレン.JPGキクバオウレン.JPGキヅタ(木蔦).JPGキヅタ.JPGキツネノボタン.JPGキハダ滝川渓谷.JPGキバナアオギリ.JPGキバナアオギリ (2).JPGキヌガサソウ (2).JPGキヌガサソウ (3).JPGキヌガサソウ.JPGキヌガサソウ.JPGキバナシャクナゲ.JPGキンコウカ.JPGP1011902.JPGキンコウカ (2).JPGキンコウカ.JPGキンコウカ (3).JPGキンコウカ巻機山.JPGキンコウカ.JPGキンコウカ.JPGキンミズヒキ.JPGギンリョウソウ.JPGギンリョウソウ (2).JPGギンリョウソウ.JPGギンリョウソウ.JPGキンロバイ.jpgクガイソウ.JPGクガイソウ.JPGククガイソウ.JPGクガイソウ.JPGP6181931.JPGクヌギハマルタマフシ.JPGクヌギハマルタマフシ1.JPGクヌギハマルタマフシ2.JPGクマモナズナ.JPGクリンソウ.JPGクリンソウ.JPGクルマバソウ.JPGクルマバソウ1.JPGクルマユリ (2).JPGクルマユリ.JPGクルマユリ.JPGクルマユリ (2).jpgクルマユリ.jpgクルマユリ.JPGグンナイフウロ.JPGケヤキ.JPGゲンノショーコ.JPGコイワカガミ.JPGP6170049.JPGコイワカガミ.JPGコニユリ.JPGコウヤボウキ.JPGコキンレイカ2.JPGコケ(渓谷).JPGコゴメグサ1.JPGコゴメグサ2.JPGコゴメグサ3.JPGコケモモ.JPGコゴメクサ.JPGゴゼンタチバナ.JPGコナラ.JPGコバイケイソウ.JPGコバイケイソウ.JPGコバイケイソウ.JPGコマクサ.JPGコミヤカタバミ.JPGゴヨウツツジ (2).JPGゴヨウツツジ.JPGゴヨウツツジ.jpgゴヨウツツジ2.JPGサイヨウシャジン.JPGサラシナショウマ (2).JPGサラシナショウマ.JPGサワギキョウ.JPGサワラン.JPGサンカヨウ (2).JPGサンカヨウ.JPGシコタンソウ.jpgシシウド.JPGシナノオトギリ.JPGシナノキンバイ.JPGシナノキンバイ (2).JPGシナノキンバイ (3).JPGシナノキンバイ (4).JPGシナノキンバイ (5).JPGシナノキンバイ (6).JPGシナノキンバイ.JPGシモツケソウ.JPGシャクナゲ.JPGシューカイドウ.JPGシューカイドウ (2).JPGシラネアオイ.JPGシラビソ.JPGシラビソ日光白根山.JPGシロバナヘビイチゴ.JPGシロヤシオ.JPGシロヤシオ (2).JPGショウジョウバカマ.JPGショウジョウバカマ.JPGショウジョウバカマ (2).JPGショウジョウバカマ.jpgショウジョウバカマ.JPGショウジョウバカマ.JPGショウジョウバカマ.JPGシラタマノキ.JPGシラネアオイ.JPGスミレ.JPGセンキュウ.JPGセンジュガンビ.JPGセンブリ.JPGダイモンジソウ.jpgタカネアオヤギソウ.JPGタカネコウリンカ.jpgタカネツメクサ.JPGタカネナデシコ.JPGタカネヤハズハハコ (2).JPGタカネヤハズハハコ (3).JPGタカネヤハズハハコ (4).JPGタカネヤハズハハコ.JPGタカネニガナ.JPGタカネヤハズハハコ.JPGタカネヒゴタイ.jpgタムシバ.JPGタカネビランジ.jpgタケシマラン.JPGだけもみ.JPGダケモミ沼原から.JPGタチツボスミレ.JPGダテカンバ.JPGダテカンバ南月山.JPGタテヤマウツボグサ.JPGタテヤマウツボグサ:花後.JPGタテヤマウツボグサ:花後2.JPGタテヤマウツボグサ1.JPGタテヤマウツボグサ2.JPGタムシバ.JPGチシマギキョウ.jpgチョウカイアザミ.JPGチョウノスケソウ.JPGチングルマ (2).JPGチングルマ (3).JPGチングルマ.JPGチングルマ (2).JPGチングルマ (3).JPGチングルマ (4).JPGチングルマ.JPGチングルマ.JPGツタウルシ.JPGツリガネニンジン.JPGツリガネニンジン.JPGツリガネニンジン (2).JPGツリフネソウ.JPGツリフネソウ (2).JPGツルリンドウ.JPGツルマンネングサ(1).JPGツルマンネングサ(2).JPGツルリンドウ.JPGテガタチドリ.JPGテガタチドリ.JPGテングスミレ.JPGトウゴクミツバツツジ.JPGドウダンツツジ.JPGドウダンツツジ安達太良.JPGトウヤクリンドウ.JPGトキソウ.JPGトモエシオガマ.JPGトリアシショウマ.JPGトリカブト.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

奥久慈男体山縦走 西金駅から袋田の滝へ

 平成30年11月15日(木曜日)
 水戸から登山口 西金駅までは1時間の道程です

 スタート時、天気晴れ、気温6.5℃ 歩き始めは肌寒い陽気です

 日差しが当たると、10℃前後で、登りは汗ばむ陽気です。尾根もほぼ無風、鞍部の風の通り道で吹かれた程度でした

 尾根は、モミジやウリハダカエデの赤とダンコウバイ黄色の紅葉が、木々の間から見える鮮やかな彩りの風景は感動ものです

 一方、ブナ、ケヤキ、ミズナラ、コナラの黄色は、くすんで残念の彩りでした

 落葉が堆積した登山道を、踏み踏み歩く風情は、この時期ならではで楽しみました

 紅葉を満喫した7時間25分の山旅でした


107a西金駅から男体山へ.jpg107b奥久慈男体山縦走中心部.jpg107c月居山から袋田の滝へ.jpg

PB150001.JPGPB150007.JPGPB150012.JPGPB150014.JPGPB150015.JPGPB150016.JPGPB150017.JPGPB150018.JPGPB150019.JPGPB150026.JPGPB150028.JPGPB150034.JPG

PB150039.JPGPB150040.JPGPB150042.JPGPB150044.JPGPB150047.JPGPB150049.JPGPB150050.JPGPB150052.JPGPB150053.JPGPB150055.JPGPB150060.JPGPB150063.JPGPB150064.JPGPB150066.JPGPB150067.JPGPB150069.JPGPB150073.JPGPB150074.JPGPB150077.JPGPB150078.JPGPB150080.JPGPB150081.JPGPB150082.JPGPB150083.JPGPB150084.JPGPB150086.JPGPB150087.JPGPB150088.JPGPB150091.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

晩秋の滝川渓谷 紅葉を楽しむ

 平成30年11月14日(水)
 水戸から登山口、矢祭町 滝川渓谷 第一駐車場まで1時間30分の道程です

 快晴の良い天気、歩き始めは肌寒く、防寒着等重ね着をしましたが、徐々に気温も上がり上着を脱いで体温調整

 行程中程より、徐々に紅葉が深まり、さらに赤色のもみじの鮮明な彩りの、見事な風景に感嘆しました

 お約束の、滝川の里での天ぷら蕎麦、けんちん蕎麦・うどんに舌鼓みしながら、ひとときを楽しみました

 下山も同じコース、紅葉にどっぷりつかる、4時間37分の山旅でした

 日帰り温泉は、横川鉱泉 中野屋旅館 すべすべの泉質で旅の疲れを取りました 500円です

滝川渓谷ハイキングコース.jpg

 
PB140002.JPGPB140004.JPGPB140008.JPGPB140014.JPGPB140016.JPGPB140021.JPGPB140024.JPGPB140025.JPGPB140029.JPGPB140032.JPGPB140034.JPGPB140035.JPGPB140039.JPGPB140040.JPGPB140041.JPGPB140042.JPGPB140044.JPGPB140046.JPGPB140049.JPGPB140050.JPGPB140056.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

晩秋の那須岳を楽しむ

 平成30年11月11日(日曜日)
 水戸から登山口、沼原駐車場まで2時間15分の道程です

 駐車場手前中腹より、すっかり落葉し冬仕様の風景です
 紅葉シーズンが過ぎたのか、駐車場、景勝地とも閑散として、静かな山歩きとなりました

 午前は曇りで、10℃前後、無風で薄い半袖と長袖と雨具着用で、汗ばみましたが、雨具を脱ぐと肌寒い陽気です

 午後は、青空と日差しがあり、ひょうたん池の逆さ那須岳が水面にきれいに写りました

 三斗小屋温泉で複数の登山者と出会いましたが、登山道ですれ違うほどではなく、それはそれは静かな、6時間37分の山旅でした

20181111那須岳001.jpgPB110003.JPGPB110006.JPGPB110010.JPGPB110012.JPGPB110015.JPGPB110016.JPGPB110018.JPGPB110019.JPGPB110022.JPGPB110025.JPGPB110027.JPGPB110028.JPGPB110031.JPGPB110034.JPGPB110038.JPGPB110040.JPGPB110043.JPGPB110045.JPGPB110047.JPGPB110050.JPGPB110052.JPGPB110055.JPGPB110056.JPGPB110058.JPGPB110059.JPGPB110061.JPGPB110062.JPGPB110064.JPGPB110065.JPGPB110066.JPGPB110068.JPGPB110071.JPGPB110072.JPGPB110074.JPGPB110075.JPGPB110079.JPGPB110080.JPGPB110081.JPGPB110083.JPGPB110093.JPGPB110097.JPGPB110101.JPGPB110104.JPGPB110111.JPGPB110115.JPGPB110118.JPGPB110120.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

晩秋の風景を楽しむ山旅 2例のお知らせ

1.福島県矢祭町 滝川渓谷ハイキング

 日時 平成30年11月14日(水曜日)滝川渓谷第一駐車場午前10時 集合・出発

 広葉樹の紅葉と渓谷のせせらぎの風景を楽しみ、加えて山頂の挽きたての蕎麦を味わうツアーみたいなハイキングです

106滝川渓谷ハイキングコース.jpg









2.奥久慈男体山 西金駅から袋田の滝まで歩く 山脈縦走

 日時 平成30年11月15日(木曜日)西金駅 午前7時集合・出発

 紅葉最上期の風景を堪能し、落葉した登山道を踏み踏み歩く7時間40分の歩きがいのある山旅です


107西金駅から男体山へ.jpg107男体山から月居山へ.jpg107月居山から袋田の滝へ.jpg










































◎詳細は、山行管理者に確認のこと
nice!(0)  コメント(0) 

那須岳周回 山行のお知らせ

日時  平成30年11月11日(日曜日)午前8時 沼原駐車場 集合・出発

山域  那須岳

コース 三斗小屋宿ー三斗小屋温泉ー隠居倉ー朝日岳ー剣が峰ー牛ヶ首ー姥が平ー沼原駐車場戻り

略図

105那須岳.jpg◎詳細は山行管理者へ

朝から雨天時は、中止とします


nice!(0)  コメント(0) 

御前山周辺全山縦走に再チャレンジ

 平成30年11月3日(土曜日・文化の日)
 水戸から道の駅かつら駐車場まで44分の道程です

 前回のリベンジ、再度御前山から井殿山、津室山、住谷山、赤沢富士縦走に、再チャレンジ

 地形図上の登山口は荒れ果て、容易に見つけられない。尾根歩きは、途中から登山道消滅で藪こぎを強いられる

 行きつ戻りつで登山口を探索、地形図とコンパスと風景をにらめっこしながら歩く

 今回は、井殿山に到達したことで満足としました

 林の中は、ひんやり感はありましたが、全行程大汗もかかず快適な気温の7時間50分の山旅でした

2018-11-03山行経路.jpg

PB030003.JPGPB030005.JPGPB030007.JPGPB030009.JPGPB030012.JPGPB030014.JPGPB030015.JPGPB030019.JPGPB030022.JPGPB030024.JPGPB030026.JPGPB030029.JPGPB030031.JPGPB030032.JPGPB030033.JPGPB030034.JPGPB030035.JPGPB030037.JPGPB030038.JPGPB030041.JPGPB030042.JPGPB030046.JPGPB030047.JPGPB030048.JPGPB030049.JPGPB030050.JPGPB030051.JPGPB030052.JPGPB030054.JPGPB030055.JPGPB030062.JPGPB030063.JPGPB030064.JPGPB030065.JPGPB030069.JPGPB030072.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

茨城の低山を歩く その13 御前山周辺の山々の縦走を試みる

平成30年10月28日(日曜日)
水戸から登山口、道の駅かつらまで37分の道程です

朝早くから、多くのキャンパーで賑わっています

気温は、18℃~20℃の範囲で快適な歩きが出来ました

橋のたもとの東登山口から入山、御前山、井殿山、津室山、住谷山、赤沢富士、白山神社を回る山行計画です
コースは、なだらかな起伏の繰り返しです

地図を縮小して携帯、結果、距離感、分岐の認識、時間配分に障害が生じ、進路の誤りを繰り返し、行きつ戻りつで時間ロス、目標の山々にたどり着けず、途中断念

青少年旅行村方面に惑わされた、6時間8分の山旅でした

御前山周辺山行コース.jpg

PA280006.JPGPA280010.JPGPA280011.JPGPA280013.JPGPA280014.JPGPA280017.JPGPA280020.JPGPA280021.JPGPA280022.JPGPA280028.JPGPA280031.JPGPA280032.JPGPA280033.JPGPA280035.JPGPA280036.JPGPA280037.JPGPA280039.JPGPA280040.JPGPA280041.JPGPA280044.JPGPA280049.JPGPA280050.JPGPA280052.JPGPA280054.JPGPA280056.JPGPA280058.JPGPA280068.JPGPA280070.JPGPA280073.JPGPA280076.JPGPA280077.JPGPA280078.JPG御前山展望山並み.jpgPA280024.JPGPA280046.JPGPA280048.JPGPA280062.JPGPA280025.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

茨城の低山を歩く その13 御前山から赤沢富士周回

会員の皆様へ

「道の駅かつら」から歩く御前山から赤沢富士まで周回するハイキングを行います 

歩き概ね7時間30分の長丁場です。地形図、コンパスを活用しての歩きとなります

冬の日は、つるべ落としで早立ちとしてます

日時     平成30年10月28日(日曜日)

集合、出発  道の駅かつら駐車場 午前7時00分

コース    別添地形図に示す

*詳細は、山行管理者に確認のこと

99御前山、赤沢富士周回1.jpg99御前山、赤沢富士周回2.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -